忍者ブログ
a pot of tea,
プログラミング勉強中。備忘録や、つくったものの紹介を書いています。openFrameworks(ofxiPhone)/Perl/PHP/as3(flash,AIR)などなど。
Admin / Write
2017/08/22 (Tue) 16:24
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011/03/01 (Tue) 23:23
ほんとうに小ネタ。
知っているひとも多いかもしれないけれど、まとめておきます。


"src"フォルダ内の、testApp.cpp(.mm)、testApp.h、main.cpp(.mm)の3つのファイルのエンコードを、日本語入力が可能なように変換します。


新規プロジェクトを作成して、日本語でコメント入力をしようとすると、こんな画面が。



デフォルトのエンコーディングは、macなら"欧米(Mac OS Roman)"などになっており、これは日本語入力には対応していないため、このようなメッセージが出ます。

ここで「UTF8に変換」をクリック。


もしくは、表示→テキスト→ファイルエンコーディングで、"Unicode (UTF-8)"を選択。




すると以下のように聞かれるので、"変換"をクリック。




これを3つの("src"内のすべての)ファイルに対して行い、ビルド。
うまくいけば完了です。


"src"のみを揃えれば、たとえば"addons"などは変更しなくてもいいみたいですね。



拍手

PR
2011/02/13 (Sun) 17:08
ひさしぶりの更新です。


アドオン[ofxKinect]導入時の手順をまとめてみました。
実はreadme.txtに書いてあることなんですが、うっかりはまってしまったので。


ofxKinectはlibUSBなどを使用しているため、ヘッダ検索パスを追加しないと動かないようになっています。

・以下のリンクからofxKinectのファイルをDL
ofTheo/ofxKinect - GitHub

・addonsにofxKinectフォルダを追加

・exampleフォルダの参照を削除
削除しないと、failed with exit code 1になっちゃいます。

・プロジェクトのアイコンを右クリック→情報を見る

・検索パス→ヘッダ検索パス の右側(値)をダブルクリック

・"../../../addons/ofxKinect/libs/libusb"を追加、"再帰的"にチェック



・OKを押して、ウインドウを閉じる

以上です。


アップデートでofxKinectRecorderとかofxKinectPlayerとかが増えててびっくり。
なにができるかだいたい分かったら、まとめておきたいな。






拍手

2010/12/29 (Wed) 18:22
エラーのはなし。
解決したので、忘れてしまわないうちにメモ。

oFのプログラミング中に

g++-4.2 failed with exit code 1などのエラーが出て詰むことって、ありませんか。


だいたいの原因は、変数定義の重複。
そんなこと言っても、実際このエラーにぶつかる=バッティングなんてさせた覚えがない、ということが多いと思います。


以下、チェックリストを作ってみました。
順に試していくと、もしかしたら原因がわかるかも。



・(ビルドタブ)ターゲットをクリーニング→(XCodeタブ)キャッシュを空にする→再起動

・構成を"Debug"→"Release"に
この対処で動く="Debug"の設定に問題がある?
たまにこれで直っちゃって、原因がわからずじまいとか、わりとあります。

・他のプロジェクトを実行
問題がXCode全体の設定にあるのか、プロジェクト単体の問題なのかをみます。

・他のプロジェクトをコピーして、src内を該当プロジェクトのものに書き換え
ファイルの置き換えをするより、コピペするのがおすすめ。

・アドオンのチェック
フォルダごと突っ込むと、exampleもビルドされてしまいます。
わたしの場合、今回のバグの原因はここでした。なんとも単純な...

・疑わしい変数を置き換え
"Flag"とか、英数字一文字など短すぎる変数名はincludeしている他のなにかとかぶる場合があります。
入力したときに色が変わったら要注意。




今のところ思いつくのはこんなところ。
つまずくたびに追記していきます。

参考:
g++-4.2 failed with exit code 1 - sauterii -さうてりい-
(↓英語)
Adding Unit Test to Objective C application in XCode 3.2 - Strictly Programming
Implementing Unit Testing with the iPhone SDK - Stack Overflow






拍手

2010/11/14 (Sun) 18:00
iPhone App 「Sonic Interaction」リリースいたしました。




DLはこちらから!

コンテンツは、大きく分けて
私たち主催の、今月26日(金)に行われる「Sonic Interaction」の紹介と、
所属している国立音楽大学 音楽文化デザイン学科(コンピュータ音楽系)の紹介の、ふたつ。

Sonic Interactionのコンテンツでは、写真やビデオなどを用いてコンサートの様子を紹介しています。
直近のコンサートのプログラムも書いてありますよ!
学科のほうでは、カリキュラムの紹介や、入試情報など、一般向けの広報のようになっています。

AppをDLしてもらうことで、この学科やSonic Interactionに興味を持ってもらうこと、
Sonic Interactionに来ていただいた方に見てもらうこと=私たちのバックグラウンドを知ってもらうことで、よりコンサートを楽しんでいただくことがねらいです。


今後の予定は、Retina Displayに対応させることと、
文字組みの見直し(これは既に修正済)。


Retina Displayについては、openframeworks forum(English)に解決策がありそうなので、にらめっこしています。英語は少しにがてです。
その前に、先日アドオンのライブラリを総とっかえしたら、なぜかgl系のリンクが切れちゃった(glBeginなんて関数見つからない!って...)みたいで、900とかものすごい数のエラーを吐かれてしまいました。なんなんだ。
openGLESのフレームワークはリンクしているんですが...





拍手

最新コメント
[02/22 通りすがり]
[10/05 ar_tama]
[10/02 すぎゃーん]
[10/02 すぎゃーん]
最新トラックバック
プロフィール
twitter
follow me!
@ar_tama


ar_tama / Makoto Arata
東京のはしっこでプログラミング、ときどきコンピュータ音楽。
音大生。
にゃんこともちもちが好き。
詳細

contact:arata.makoto(at)gmail.com
(at)->@
バーコード
ブログ内検索
__
忍者ブログ [PR]